歯のホワイトニング最新口コミ事情

歯のホワイトニング最新口コミ事情

人気ホワイトニング歯科の気になる口コミ大調査

口コミから見るおすすめのホワイトニング歯科BEST3
1位ティースアート
総合評価19
  • 効果 5
  • 持続性 5
  • 価格 4
  • 口コミ 5

公式サイトを見る

2位ワイズデンタルキュア
総合評価18
  • 効果 5
  • 持続性 5
  • 価格 3
  • 口コミ 5

公式サイトを見る

3位ハピュア
総合評価17
  • 効果 5
  • 持続性 4
  • 価格 4
  • 口コミ 4

公式サイトを見る

HOME >  知って安心・ホワイトニング豆知識 >  ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違い

このページでは、歯のクリーニングとホワイトニングの違いについて調べています。

歯のクリーニングとホワイトニングの違い

歯の変色が気になるので、白くしたい…、そんな風に考えている人は、男女を問わず数多いのではないでしょうか。こうした悩みを解決する方法として、クリニックの施術が考えられます。

とは言え、クリニックで行われる虫歯治療以外の施術は、かなり多彩。特に「クリーニングとホワイトニングって、何が違うの?」と疑問に思う人もいるでしょう。以下にその差を説明していきますので、ぜひ注目してください。

クリーニング

クリーニングは、歯の表面に付いた歯石や歯垢(プラーク)を取り除く施術で、保険適用となっています。
振動を利用して汚れを落とす「超音波スケーラー」という専用機器や、ハンドスケーラーという手用器具を用いて、施術を実施します。

部分的に行う場合は1日で終わりますが、数回に分けて行われるのが一般的。施術は医師や歯科衛生士によって行われます。また歯の表面だけでなく、裏側にも施されることになります。施術中は虫歯治療ほどではないものの、若干の痛みを覚えたり、歯茎から出血する場合もあります。

クリーニングの主な目的は、歯質を良好なものにし、虫歯や歯周病を予防することにあります。このため「歯を白くする」ための施術とは、若干異なります。

とは言え歯に付着した食/飲料からの着色や、タバコのヤニも落とすことができるので、ある程度まで「歯本来の白さ」が蘇るのも事実です。「白いシャツを洗濯して、汚れを落とす」とイメージしておけば、間違いないでしょう。

ホワイトニング

ホワイトニングは、過酸化水素水などの薬剤を使用し、歯の色を白くする施術です。審美的な側面が強いため、保険適用ではなく自費治療となっています。

クリニックで薬剤やレーザーなどを併用して行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で薬剤/専用マウスピースを使って行う「ホームホワイトニング」の2種類に大別されます。

オフィスホワイトニングは通常数時間をかけて行われ、1日で終了します。ホームホワイトニングはアフターケアとして活用されるケースが多く、その場合は数ヶ月に1度、自宅で行うこととなります。施術後しばらくは、冷たいものが沁みるなどの反応がありますが、徐々に落ち着いていきます。

ホワイトニングの目的は、「歯を白くする」ことのみにあります。施術内容や受診者の希望により異なりますが、数段階は確実に白くなり、数年程度効果が持続します。「汚れた白いシャツを漂白する」とイメージして差し支えないでしょう。

いかがですか?クリーニングとホワイトニングでは、目的も費用も大きく異なってきます。「とにかく歯を白くしたい」と考えるのであればホワイトニングがおすすめですが、まずクリーニングを行ってみてからでも、遅くはありません。ホワイトニング施術の流れにクリーニングを組み込んでいるクリニックも多いので、事前に医師とよく相談すると良いでしょう。

都内ならここがおすすめ! ホワイトニング歯科ランキング

ホワイトニングサロン・審美歯科の口コミ評判

もっと見る

ホワイトニング治療法を口コミ比較
知って安心・ホワイトニング豆知識
ホワイトニングお悩み解決Q&A
ホワイトニング以外のおすすめ美白方法
歯を悩ませるトラブルを知ろう
セルフ式ホワイトニングの専門店を紹介
ホワイトニングができる歯医者さんの種類

ページの先頭へ

サイトマップ

Copyright © 歯のホワイトニング最新口コミ事情