歯のホワイトニング最新口コミ事情

歯のホワイトニング最新口コミ事情

人気ホワイトニング歯科の気になる口コミ大調査

1度の効果で見るおすすめのホワイトニング歯科3院@東京
ティースアート
一度で白くなる度合
8段階~

※ブライトホワイト利用時

公式サイトを見る

ホワイトエッセンス
一度で白くなる度合7段階~

※ハイパーホワイトニング利用時

公式サイトを見る

ホワイトマイスター
一度で白くなる度合6段階~

※マイスターPLUS利用時

公式サイトを見る

HOME >  知って安心・ホワイトニング豆知識 >  歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因

このページでは歯が黄ばむ原因についてまとめています。原因を把握して、黄ばませている習慣を見直しましょう!

歯の黄ばみの原因は「着色」と「変色」

歯が黄ばむ原因は、「着色」と「変色」の2つに別けられます。[注1]

私たちの歯の色は、歯の内側にある象牙質の色で決まります。歯の一番表面を覆っているエナメル質は透明で、ほとんど無色です。

「歯の色が変わった」「黄ばみが出てきた」という時は、外側のエナメル質に色がつく「着色」か、体質などが原因で象牙質の色が変わる「変色」のどちらかのことが多いです。

歯の外側からの着色

まずは、外側のエナメル質に色がつく原因についてご説明します。

着色の原因

生活習慣や嗜好品の影響で、外側のエナメル質に汚れが付くと、歯が黄ばみます。この汚れがいわゆる「ステイン」と呼ばれているものです。ステインによる着色の大半は、以下が原因です。[注1]

※これ以外にも、虫歯が原因で歯が黄ばんで見えることがあるので、歯に異常を感じたら歯科医院で診察を受けましょう。

着色(ステイン)の予防方法

着色による黄ばみを防ぐには、日頃からしっかりと歯を磨くことが大切です。[注2]頑固なステインは長い年月をかけて蓄積されているので、日々正しい歯磨きをしてケアすることで、着色を防ぐことができます。

美白歯磨き粉を使用するのも効果的ですし、歯医者で定期的にクリーニングすることで着色予防ができます。

また、ホワイトニング治療直後は、歯に着色しやすい状態になります。治療を受けてから1~2日間程度は、上記のものを避けましょう。

歯の内側からの変色

次に、内側の変色の原因についてご説明します。

変色の原因

内側の象牙質の色が変わることで、歯が黄ばみます。変色のおもな原因は、大きく別けると以下の2つです。[注1]

ホワイトニングサロン・審美歯科の口コミ評判

もっと見る

ホワイトニング治療法を口コミ比較
知って安心・ホワイトニング豆知識
ホワイトニングお悩み解決Q&A
ホワイトニング以外のおすすめ美白方法
歯を悩ませるトラブルを知ろう
セルフ式ホワイトニングの専門店を紹介
ホワイトニングができる歯医者さんの種類
編集の方針

ページの先頭へ

サイトマップ

Copyright © 歯のホワイトニング最新口コミ事情