歯のホワイトニング最新口コミ事情

歯のホワイトニング最新口コミ事情

人気ホワイトニング歯科の気になる口コミ大調査

口コミから見るおすすめのホワイトニング歯科BEST3
1位ティースアート
総合評価19
  • 効果 5
  • 持続性 5
  • 価格 4
  • 口コミ 5

公式サイトを見る

2位ワイズデンタルキュア
総合評価18
  • 効果 5
  • 持続性 5
  • 価格 3
  • 口コミ 5

公式サイトを見る

3位ハピュア
総合評価17
  • 効果 5
  • 持続性 4
  • 価格 4
  • 口コミ 4

公式サイトを見る

HOME >  ホワイトニング治療法を口コミ比較 >  ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅でかんたんにできる歯を白くする治療のことを「ホームホワイトニング」と言います。

歯科医院で作ったマウスピースと専用の薬剤を使うのが一般的で、お手軽とは言えど、取り扱いを間違えると薬剤を飲み込んでしまったり、あまり長い時間薬剤を歯に塗布しすぎて痛みを感じるようになってしまったりとトラブルが多発しています。

最悪の場合、歯がもろくなってしまうこともあるため、専門家の先生に相談することをおすすめします。

ホームケアのメリットとデメリット

ホームホワイトニングの魅力と言えば、気軽に始められること!
オフィス治療と比べると価格がリーズナブルで、光やレーザーの治療に抵抗がある人にもオススメです。

オフィスホワイトニングのように一回で白くすることはできないのですが、時間をかけて効果を出していくので、色戻りしにくいというメリットもあるのです。気になる評判はというと…

効果の感じ方は人によって差があるようです。そしてデメリットとして多かったのが、こちら。

1年、2年続けるとなると、費用もそれなりにかかってくるし、それなら歯医者さんで直接、治療を受けた方が確実に白さを感じられるのでは?と思います。

市販品でのホームケア

マウスピースを使ったホームホワイトニング以外にも、市販のホワイトニング製品を利用するという方法もあります。

代表的なものが歯磨き粉で、歯を白くするというよりはステインを付きにくくする、汚れをしっかり落とす効果があるようです。

時間や手間もかからず、さほど費用もかけずに始められますが、中には研磨剤の刺激が強くて、長年使用すると歯をもろくしてしまうモノもあるみたいです。
市販品を選ぶ際は充分注意しなければいけませんね。

ホームホワイトニングケアのやり方

ホームホワイトニングは、以下の順序・やり方で行います。

1.マウスピースを作成
2.中にホワイトニングジェルを入れる
3.歯にマウスピースを規定の時間装着する

歯科医師と相談のうえ、適切なホワイトニングジェルを選択し、歯科技工士によって自分に適したマウスピースを作成してもらうことになります。

ホワイトニングジェルには濃度の違いがあり、これによって1日あたりのケア時間も異なります。ジェルの種類によっても異なりますが、例えば高濃度のジェルであれば1日1時間程度、低濃度のジェルであれば1日8時間程度といった形です。

マウスピースには、歯の型を取って歯科技工士が作るものだけでなく、患者自身が簡単に作れるものがあります。

自作できるマウスピースは非常に安価で、作り方も難しくはありません。しかし、丁寧に専門技師が製作するマウスピースとは違い、歯への密着度は格段に落ちます。その結果、ジェルの密着度が足りずに思ったほどのホワイトニング効果を得られなかったり、歯茎や口内にジェルが漏れ出して思わぬトラブルを招いてしまう可能性も。

きちんとした効果を得るためにも、少々お金がかかっても歯科技工士にしっかりとしたマウスピースを作ってもらうことをおすすめします。

ホワイトニング効果を維持するために注意することとは?

ホームホワイトニングの効果を持続させるためには、「食事」「歯磨き」「薬剤の保存」の3点に注意しましょう。

◆食事の注意点

ホームホワイトニング後は、歯に色素が付きやすい状態になっています。ホームホワイトニングが終わってから3~4時間ほどは、ステイン(着色汚れ)の元になりやすい果物や緑黄色野菜、赤ワイン、コーヒーなどの、色の濃い飲食物を摂らないようにしましょう。

お茶類は色が薄くてもステインの元になりやすいので控えたほうが無難です。

◆歯磨きの注意点

ホームホワイトニングを実行している間は、フッ素入りの歯磨き粉を使用しないようにしましょう。ホワイトニング効果を低下させてしまいます。色付きの歯磨き粉も避けたほうが無難です。また、歯が汚れた状態ではホワイトニングの効果も下がるので、ホワイトニングの前にはしっかりと歯を磨きましょう。

◆薬剤の保存に関する注意点

ホームホワイトニングに使う薬剤は、光や熱に弱いといった特性があります。保管する際にはキャップをしっかりと閉めて、冷暗所に置きましょう。冷蔵庫でも良いのですが、凍結してしまうと変質するため注意してください。

以上の注意点をしっかりと守り、ホワイトニング効果を少しでも長く維持させるようにしましょう。

都内ならここがおすすめ! ホワイトニング歯科ランキング

ホワイトニングサロン・審美歯科の口コミ評判

もっと見る

ホワイトニング治療法を口コミ比較
知って安心・ホワイトニング豆知識
ホワイトニングお悩み解決Q&A
ホワイトニング以外のおすすめ美白方法
歯を悩ませるトラブルを知ろう
セルフ式ホワイトニングの専門店を紹介
ホワイトニングができる歯医者さんの種類

ページの先頭へ

サイトマップ

Copyright © 歯のホワイトニング最新口コミ事情